Snow LeopardでPostfix

ページの表示があまりにも遅いので、core2Duo 2GHzのマシンに入れ替えました。OSがsnow leopardになったのですが、postfixの起動がうまくいかなくて苦労しました。

いつもお世話になっているMacOSXでサーバー家業さんの

Mac OS Xをメールサーバーにしよう-Postfixの設定-for Leopard

を参考に設定したのですが、どうしても自動起動がうまくいかないのです。

いろいろ探したらここにLaunchDaemonに渡す

/System/Library/LaunchDaemons/org.postfix.master.plist

の最後の方に

<key>RunAtLoad</key> <true/> <key>KeepAlive</key> <true/>

を加える必要があるとのこと。加えたら確かに自動起動するようになりました。