About US

虻川研究室の研究活動を紹介するHPです。虻川研究室の正式名称は、東北大学多元物質科学研究所固体表面物性研究分野です。理学研究科物理学専攻の協力講座で、そこから学生が配属されます。

研究概要

エレクトロニクス、スピントロニクス、フォトニクス、分子・バイオエレクトロニクスなどの根幹を担う素子は、ほとんどが、半導体と金属、強磁性体と酸化物絶縁体、誘電体、有機分子、生体分子などの 異なる結晶や分子の接合によって構成されています。そして、その界面が素子の性質を左右する場合が少なくありません。 それらを応用するナノデバイスでは、任意の構造と性質を持つ人工的な界面の設計や製作が重要になります。

また、ものをどんどん小さくして行くと体積当たりの表面積がどんどん大きくなります。つまり、ナノテクノロジーでは、表面の寄与する割合が無視できなくなるほど大きくなるのです。表面の性質は、表面で原子がどのように配列しているかによって決まります。

そのほかにも、表面は今後の省エネルギーの鍵となる摩擦にも大きく関わってくる場所であり、その原子レベルでの理解が待たれています。

本研究室では、固体結晶表面の複雑な原子配列の解明と、界面構造の解明と制御を目指した基礎研究とその応用を目指しています。

MEMBERS

 教授 虻川匡司(略歴等プロフィール

日夜研究と教育に励んでいます。と言えるように努力します。

助教 小川修一(略歴等プロフィール
Shuichi Ogawa, Assistant Professor
放射光や光電子分光を使って固体表面上の反応機構を研究します。

工学研究科M2 張氷若
Bingruo Zhang, M2
Ni表面上のガス反応を光電子分光を使って研究しています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: nopic1.jpg

工学研究科M2 中塚聡平
Souhei Nakatsuka, M2
ナノビームを使った電子回折により、実表面の研究を行います。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: nopic1.jpg

理学研究科M1 内藤完
Kan Naito, M1
表面の構造、表面の原子の配列から表面の物性を理解します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: nopic1.jpg

理学研究科M1 遊佐龍之介
Ryunosuke Yusa, M1
光電子顕微鏡を使って表面のダイナミクスを研究します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: nopic1.jpg

理学部4年 青山大晃
Hiroaki Aoyama, B4
表面物理学を極めます。

これまでの卒業生・修了生とその研究内容について

卒業生・修了生の進路
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。