基礎ゼミ2018データ

基礎ゼミ2018

7月12日に行った実験データです。

実験1:Ni(110)表面の回折パターン

 

実験2:高速スイープ回折実験

100nsの測定を1回

100nsの測定を10回繰り返し積算

100nsの測定を100回繰り返し積算

 

参考データ

Si(111)7×7表面の回折パターン。高速スイープ実験はこの回折パターンの一部を切り出して行った。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。