abukawa のすべての投稿

学生のボランティア活動について(通知)

文科省から東北地方太平洋沖地震に伴う学生のボランティア活動についての通知が、各大学、短大、専門学校長宛に出されております。ボランティア活動のための修学上の配慮とボランティア活動に関する安全確保及び情報提供を求めるものです。

東北大学の情報は、東北大学(緊急連絡)のページへ

学生ボランティアは、東北大学学生復興支援ボランティアのページへ(正式名称が東北大学地域復興プロジェクト”HARU”となりました。)

日本分析センターにおける空間放射線量率と希ガス濃度調査結果

原子炉で何が起こっているのか、周囲に何が飛んでいるのかを知るために非常に役に立つデータが4/1に日本分析センターから発表されました。

データのpdfはこちらです。日本分析センターにおける空間放射線量率と希ガス濃度調査結果

続きを読む 日本分析センターにおける空間放射線量率と希ガス濃度調査結果

モデルによる積分線量の予測

岡山大学大学院保健学研究科の北脇知己さんが、これまでの放射線量変化から各地の積算放射線被曝量を推定しております。このような情報が欲しかった。政府もこのようなグラフを出して、推定量を示した上で避難の有無を説明してくれたらと思います。以下に北脇さんのホームページにあるグラフを解説します。

続きを読む モデルによる積分線量の予測

放射性物質は常に降っているのか?

東京大学の早野先生が示されたグラフは、放射性物質がずーっと降り続けているのでは無い事を示しています。初めに15日夜(16日朝か?)にどさっと降って、茨城ではその後も数回降下したことが分かります。福島市の同様なグラフには15日夜のピークしか無いので、福島市では15日夜にどさっと降ったきりと考えられます。一度降った物は、風による再飛散、雨による流出、核種の半減期などで減って行きます。グラフで線量が少しずつ減っているのは主にヨウ素の半減期8日によるものと考えられます。

風向きや雨等の気象の影響もありますが、原発から放射性物質が常に飛散しているのではないことが分かります。